Bピラー(センターピラー)について

自動車の屋根(ルーフ)を支えている柱をピラーと言います。
前方フロントガラスからAピラー、前席と後席の真ん中のBピラー、リアガラスのCピラーの通常3本のピラーがあり、ステーションワゴンなどではDピラーがある車種もあります。
その中でもBのセンターピラーはルーフを支える重要な役目で、万が一の事故での転倒時にも車室を確保し、搭乗者の生命を守る重要な役割を果たしています。
過去の一時期、スポーティーさを求めることで、センターピラーの無いドア自体にサッシの無いセダンで、‟ハードトップ”という概念が登場すると、セダンとの区別がしっかりとされていました。
ハードトップにはセンターピラーが存在せず、スポーティーなスタイルが重視されています。
事故の際に剛性の懸念が浮上し、とくに横からの衝突に非常に弱い性質があることと、ドアからのロック解除が容易な点が問題で、近年、ハードトップが姿を消しました。
現在でもスポーツカーなどではハードトップ構造がわずかながら生産されているのですが、4ドアの車両ではすべてセダンタイプのセンターピラーとドアの枠がある車が多いです。
B(センター)ピラーは、屋根からの衝撃と側面からの衝撃を吸収し、搭乗者の生命を確保する生命線と言えるでしょう。

Comments are closed.