ボディとルーフをつなぐピラーの働きについて

英語で「ピラー」とは「柱」を意味します。文字通り、ボディとルーフとをつなぐ柱の役割を担っています。現在の自動車が航空機の構造を応用したモノコック構造になって外見が流線型になり、ルーフが小型化するにつれて「柱」という印象は薄れてきました。これは「A」「B」「C」「D」と区分されています。Aはフロントガラスの両サイドのものです。誰もこれを「柱」とは思わないでしょう。Bは前の座席と後ろの座席の間にあるもの、Cは後部座席の斜め後ろにあるもの、Dは更に後部にあるもので、ワンボックスカーなどに多く見られます。
もちろん、この役割は事故があった時に構造上の強度によって載っている人の安全性を高めることです。単なる衝突はもちろん、横転事故などがあった際には車体の変形を防ぐ「柱」の強度が乗る者の生死を分けると言っていいでしょう。という訳でこの「柱」は太いほうが強度が高まることになりますが、実用性との兼ね合いで単純に太ければいいというものではありません。例えばAの柱を太くし過ぎると、運転席からの視界が狭められ、逆に事故の危険性を増す要因となりますのでバランスが求められます。また、高級車でCが帯状に太くなっているものは、後ろの座席に乗る人を外部から見えにくくする意図があるそうです。

Comments are closed.